家電壊れる

 家の家電(家の家電という言い方はおかしいか)が壊れ始めた。

 お店のミニコンポはひと月ぶりに復活したが、家にある電化製品がほぼ一斉に壊れ始めたのでびっくり。寿命と言えるものもあるけれど、まだ十分いけるはずの機器まで壊れるのであった。

 ひょっとしたら太陽フレアのせいなんじゃないかとか、自分がオリバーくんみたいに高周波の音波を出してしまっているのかとか、副店長がデンキウナギのように高圧で帯電してるせいなのかとか無意味な疑いを持ってはみたけれど、どうもそうでもないようだ。

 一番ショックなのはBDレコーダーがぶっ壊れたこと。家のコンポ(お店のではなく)もとうにぶっ壊れその場しのぎで買ったCDプレーヤーもぶっ壊れ、頼みの綱でレコーダーでCDを聴いていたのにそれもできなくなった。

 あらゆる回復手段を高じたのち最終手段でメーカーに問い合わせ、窓口の担当者の言うままにリセットから線のつなぎ直しまでしたのち、壊れています、と最期通告を告げられた(これまた最後通告を告げられという言い方はおかしいか。最後通牒を突きつけられた、というべきか。ま、そういう意味)。

 これで蛭子さんのバス旅が録画できない(悲)。ま、これでテレビなどという娯楽に執着しなくて済むと思えばそれで済むのでいいのかな。テレビが見られないわけじゃなし。修理代金を訊いたら新品が3台くらい買えそうだった(笑)←ちょっとおおげさです。

 それにしても問い合わせした時に出た若そうな男性のオペレーターは、僕がDVDをディーブイディーではなくデーブイデーと発音したら合わせてくれてデーブイデーですね、と(笑)。冗談でデーブイデーと発音してたら日頃も普通にデーと言ってしまう癖がついていたものだから自然にデーブイデーと言っていたんだけども、きっとお爺さんだと思ったんだろーなーと。

 明日の朝のコーヒーにしたって、電動ミルもレコーダーと同時にぶっ壊れたので飲めないかも。こちらはコードの接触不良かもなのでやり方次第で動くかもという期待は少しある・・・。

 電気がないと生活できない人になっていたとはなー。今日は古本の話でもお店の話でもなくすみません・・・。

 今日の国分寺は晴れ。梅雨の間の晴れ間がうれしい。

 今日流れているのは昨日と同じくサクソフォンです。
b0304265_1492885.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-06-26 14:09 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 香港は路の上 昔の古本屋の地図帖 >>