棚のこと

 昨日はお客様が少なめで、そんなときこそグタグタになったままの棚の整理などをしたらいいのではと、ちょっとのつもりで動かしていたら、案の定いつものようににっちもさっちもいかない状況に。

 よその古本屋さんはどうやって棚を作っているのかわからないが、どこか一棚決まれば周りも決まっていくんだけど、うちのお店の場合、グタグタがさらにグタグタしてきたりするので、冴えている日にやるのがいいのかなとも思ったりする。

 が、やっぱりこういうときにこそ、と思ってしまうので、ま、それでもいいかと。本はジャンル別が基本だけれど、うちのお店の本棚はボックス型になっているので、その箱ごとに完結してくれればいいんだけどそうもいかず、脈絡がなさそうで実はこういう関係が・・・などと複雑な関係の本を横に持ってきたりすると、自分的には納得なんだけどもパッと見にはただランダムに並んでいるとしか思えない場合も。

 実はもうめんどくせーや的投げやり棚もたまにやってしまうのが悪い癖。でもね、流れるような脈絡棚を作ろうとすると、一日や二日まるまるかかってしまうんだよね。ま、そういうわけにもいかず・・・といってないでやればいいんだけど。

 本好きは、自分の部屋の本棚で並び替えなどをして楽しむわけだが、そんな気分でやれたらいいんだけどね。

 今日の国分寺は晴れ。風がちょっと。今日は佐倉と西荻で一箱古本市開催中。出てみたいんだけど・・・。

 今日も開き直ってクロノスカルテット・・・
b0304265_1319486.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2016-06-04 13:19 | お店あれこれ | Comments(0)
<< ワタクシは働き者 知らせ >>