知らせ

 昨日は所用で遠方まで出かけていたが、そこに友人が亡くなったという知らせが届いた。

 予定も早々に切り上げ帰ることにした。今日早々になにかしなければならないわけでなくても、どこか居場所がなくなった。齢は同じだが学年は一つ下、酒を浴びるように飲みタバコもかかせないやつだった。ここ最近はご無沙汰でどんな様子なのかわからなかったが、見ようによれば豪放磊落な生き方をしている男だったので、なんだかんだいってもしぶとく生きていると思っていた。

 数年前にガンを患い、それでもそこから復活して仕事もこなしていると伝え聞いていたので、そのうちその辺の話でもする機会があるだろうからと特に連絡することもなかった。夏になるとバーベキューに行き、いつもその折には誘っていたので今年もその辺りで会えるだろうくらいに思っていたのだった。

 突然の死の知らせに驚くというより理解がうまくできず、いまもできない。もうこの世のものではないということをどう理解したらいいのかわからない。

 ちびまどの開店準備では家から車で何往復もして本を運んでくれた。若い頃はいっしょに壁画制作の仕事をしたし、変わっている奴だったが絵は抜群に上手かった。近年は幼児の絵画指導や新聞の法廷スケッチなどをして生活していた。きっと彼の法廷スケッチを新聞で見たことがある人はいっぱいいるはずだ。やたらと上手いやつだったのに。

 なんだかどうしたらいいのかよくわからない。合掌という言葉ではどうにもならず。突然は、突然くるということだ。今日もこうして静かに過ごすしかない。

 今日の国分寺は晴れ。

 今日も・・・。
b0304265_13365160.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2016-06-03 13:36 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 棚のこと こどもパン、補充してきました >>