落ち葉を売る

 今日も今日とて一日が始まる。

今日は古物の講習会に行かねばならないので、お店は副店長が切り盛りしております。

 それにしても夜が早くなって、もう冬ですな・・・。この間、寒かった晩にちょっと早いけど鍋をいただきまして、そりゃあ、うまかったです。これで熱燗がいける頃になれば、もう冬も本番です。

 国分寺マンションに来て、初めての冬を迎えるわけですが、どんな感じでしょうかね。やっぱ暖房がんがんいれないといけないんでしょうかね。売り場面積というか体積がちび窓の3倍くらいになったから、その分3倍の暖房費がかかる?

 なにはともあれ寒さに弱いので、暖房はきっちりいれるつもりですが、入り口ドアを開けっ放しっていうパターンをどうするか。ま、そのとき考えればいいですか・・・。

 冬となれば落ち葉の季節ですが、ちょっとした木陰から舞い落ちてきた木の葉が紅葉して美しいです。道端にひらりひらりと舞い落ちる落ち葉を拾って愛でていると、なんだか淋しいですかね。そこで以前から考えていてまだ実行していない企画なんですが、その落ち葉を拾ってきて透明のビニールに入れて売ってみようかな、と。

 つげ義春の石みたいに、落ち葉を売ってみたい・・・という願望というか思いというか、ただ単なるひらめきというか、そんな理由だけで落ち葉を。もちろん吟味して小ぎれいな紅葉落ち葉で。ただ、元手がタダまるわかりのそんなもんが売れるのか?という疑問はこの際考えないようにして、つげ的世界を実際にやってみたいという・・・。

 ま、ホントに売ってたら、笑ってやってください。わりと本気ですけど・・・。

 今日の国分寺は晴れ。みんなで古本屋へ行こう!

 今日流れているのは、フランク・ポール。ポコポコです。
b0304265_12584241.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-19 12:58 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 落ち着く曲をください あの・・・ >>