体育の日

 寒かったり、低気圧だったりすると、背中や肩、腰が・・・。

 はっきりいって、じじいと言われても反発できないかもだが、俺だって若くて丈夫だった頃があるんだよ・・・って自分で言っててもむなしいわな。たとえば村上春樹さん、小説家で奥深いところを行く者はすべからくフィジカルが大事だ、と言っているそうじゃないか。

 たしかに。そのとおりですな。健全な肉体にこそ、ひんまがった思いを矯正する力があるんですよ(ほんと?)。毎回おんなじことばっかり言ってるけど、もうちょっとなにか運動をしなければ、ほんとにじじいになってしまう気がしてきた。

 だいたい子どもの頃から運動音痴だったから、体育はつらかったし、それでも持久力はあって、マラソン系は得意だったけどいまは肺が弱すぎてそれどころじゃないもんね。じぇいそうるなんとかのランニングマンだっけ?あれなんかやってみたらぎっくり腰になりそうだったし、そもそもリズム感なくて走ってんだかあわててんだかわかんないよ・・・。

 まずはストレッチ的なところからですかね。ヨガとか・・・。

 いまのままじゃなにかあっても走って逃げられないもんね。まじなんとかせねば。みなさん、ひとごとじゃないですよ、いつか老いはやってきますから。ラジオ体操でもなんでもやっておいた方がいいですって、ほんと。そんな体育の日・・・。

 今日の国分寺は晴れ。静かな祭日というものですな、ほんと。

 今日流れているのは、キース・ジャレット。もうそろそろ変えよ・・・
b0304265_16472376.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-12 16:47 | 国分寺あれこれ | Comments(0)
<< なぜここにいるのか 『き・まま』あります >>