『き・まま』あります

 先日、小金井神社に行った際、出店していた「き・まま」さんのブースで、最新号の「き・まま」を買った。谷保特集なんだけど、その中に載っていたお店の雰囲気があんまりいい感じなので、こんな店いいね、と副店長と話したりしたけれど、どこがいいのかと言えば、センスを感じるところ・・・なのであった。

 ではセンスがいいというのはどういうことかというと、こればっかりはセンスとしか言いようがない。そうですな、たとえばこどもパンとか。こどもパンはセンスいい。「き・まま」に載っていたお店も同じ匂いがするわけですな。

 たとえば壁ひとつとっても、シンプルな壁にふたつみっつのさりげないディスプレイで、抜けがいい。やりすぎない、そして落ち着いている。あくまで自然に見えてもこだわりが感じられる。色味もしっとりとして飛んでいない。

 うちのお店の場合(というより自分の場合)、たとえば壁の空間に空きがあればどうしても埋めたくなる。充填過多でウザったくなる傾向。ま、古本屋風情がセンスをどうのこうの言っても始まらないかもしれないが、できるなら(というより古本屋の場合そんなスカスカでは商売が成り立たない)スカスカ真っ白漆喰壁に数冊の本を並べただけ、っていうのもやってみたいと思ったりする。

 センスのいいお店にしたいけど、センスがなぁ。こればっかりは・・・。というわけで前ふりが長くなりましたが、前述の『き・まま』がお店に登場!最新号はもちろん、バックナンバーもあります。まどそら堂で『き・まま』が買えます!古本ではなく新刊なので定価販売です。

 紀伊国屋書店さんとか大きな本屋さんでも買えますが、どうぞまどそら堂でお買い求めください!お待ちしておりますー。

 今日の国分寺は雨のち曇り。肌寒いです。

 今日流れているのは、またまたトム・ウエィツですが、夕方からチェンジです。
b0304265_1535318.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-10-11 15:04 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 体育の日 對木裕里「左みずうみ」 >>