かかしがほしい

 せっかくの日曜日だというのに、朝から曇っちゃって。すっきり晴れてほしいなー。

 今朝は早起きしたから、今頃になって眠くなってきた。一瞬意識が飛びそうになる・・・。脳みそが休息を欲しているのだろうか?たいして詰まってなさそうな脳なのに。それとも昼の弁当を食べた直後だからだろうか。今日はお弁当無い日なので、丸井の地下で天丼弁当を買ってきて食べたので、天丼のつゆが甘じょっぱ過ぎて、脳みそを機能停止にしているのだろうか・・・ま、そんなことはどうでもいいですかね。

 早めにお店を開けたので、午前中からのお客様もあり、やっぱ日曜日的時間の流れであるなぁと。しかしいつも思うのは、誰か一人のお客様が来ると、数珠つなぎにお客様がいらっしゃるのは何故だろうと。落ち着いて考えてみれば、先客がおれば店主と差し向かいで気後れすることもないとか、ま、客が誰もいない状態で入りづらいとかそんなところだと思うけど。

 そんなことは頓着しないというお客様ばかりならいいんだけれども、意外と気後れする方も多いと思う。呑み屋とか誰もいないと入りづらいよね、たしかに。古本屋の場合というか、このお店の構造というか微妙に気を遣うのかな。もっと広ければいいんだけどね。

 そこで気を遣わず、気軽に入って来られるように、入り口あたりに人の気配があればいいということで、かかしをおいたらどうだろうかと。いや、マネキンでもいいかもしれないけど、やっぱかかしですかね。こないだ帰省した折に、ローカル線の車窓から見た田んぼの中のかかしが忘れられなくてそんなことを思うのかもしれないけど。

 ま、そんなことを考えていたら少し眠気も消えてきた。といって何時も眠い眠いと言っているからといってヒマなわけではありませんよ・・・。

 でもほんとにかかしを立てたらコワイかもね。というより邪魔ですか・・・。

 今日の国分寺は曇り、でもいま晴れてきた!

 今日流れているのは、昨日と同じフランクポール。眠気吹っ飛ばす音楽に変えましょうかね・・・
b0304265_14325695.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-09-27 14:33 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 名月と、とあるバー 続・一箱古本市顛末記 >>