古本屋巡りの休日

 昨日は定休日で、お店の方も落ち着いてきたし、パソコンの調子も回復したし、とりあえず休みましょうということだったが、ちびまどで個展をしてくれた矢櫃徳三さんが国立で個展を開いているというので行ってきた。

 作品についてはまたいずれ落ち着いて考えてみるとして、それが大変なことにその日は朝からお腹の調子が悪く(しょっちゅうですが)、個展をしているギャラリーまでたどり着く途中でまずい感じになり、あー、こりゃ無理ということでちょうど目の前にあったうちの母校の一橋大学(うそ)に飛び込み、守衛さんに事情を言って学内の公衆トイレをお借りした。

 事なきを得て、落ち着いて周りを見渡せば、そこは国立博物館並みのレンガ造りの瀟洒な建物が立ち並び、こんなとこで勉強しているのか!と驚く。歴史的な建造物をひとしきり眺めながら、そういえばさっきのトイレの落書きでは、あのトイレで用を足すと一橋に受かると書いてあったので、自分も受かるかも知れないわけですなとひとりごちて、いっときの学生気分を味わう。

 今日はここから中央線の古本屋詣ででもしようかなということで、国立から荻窪まで移動する。駅前の蕎麦屋で温かいかけそばをすすったあと、ささまでじっくり本を眺める。うちのお店など足元にも及ばないそのふくよかな古本たちが、人の店の本なのに愛おしくなるという妙な感覚を覚えながら数冊を物色。探していた本を見つけて喜ぶ。

 中野にでてブロードウェー。一直線でまんだらけの海馬へ。古ツアに出ていた付録の特集をみたかったが、すでにほとんど売れてしまって終わっていたのであった。海馬の棚を回遊して、これも欲しい、あれも欲しいなどと舌なめずりをしながら歩く。この本たちをそのまままどそら堂に持って帰りたい・・・などと妄想しつつも数冊だけ購入。

 下に降りてうつつに向かう。が、シャッターが下りている(残念!)。その下り方が微妙で、いるんだけど取り込み中で閉めているのか、ちょっと出かけて中途半端に閉めて行ったのかわからないという・・・。

 西荻に出る力がすでになくなってしまい、最近できた古本案内処に寄って帰宅。次回はちからをたくわえてまわりましょう。ということで休日の一日でした。

 今日の国分寺は曇り。まだ降ってない。

 今日流れているのは、レディオヘッド。「OK COMPUTER」です。
b0304265_13424898.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-08-21 13:42 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 夏のセミファイナル おぼろな月が頭の上に >>