レトロ料理本

  お店入って右側、入り口そばの棚には料理本と旅本を並べているが、特に料理本の中でも古ーい本がいい感じで好き。古くてもレシピはしっかり。というより塩分や糖分の配分がいまより過激(というより王道)で、いまどきの何かと塩分にせよ糖分にせよ控えめレシピとちょっと違うどこか硬派な感じがいい。

 差し込まれている写真のレトロ感も好き。色味も。なんだか小学校の時、デパートのいちばん上の階の大食堂で食券を買って食べたあの色合いがよみがえってくる気がする。いまと昔では同じ食材でも栄養価に差があるらしいし、品種改良もされて昔の味と同じにはいかないだろうけど、古ーいレトロな料理写真を見ていると、憶えてもいない昔の味がよみがえるような気がする。

 まだ年齢的に若いお客様がそんな古い料理本にシンパシーを感じて買ってくれるのがうれしい。味わったことが無くともページを開いてレシピをなぞれば、本の上で昭和な味が再現される。うーん、なんか昔っぽい食堂でご飯食べたくなってきた・・・。

 どこの古本屋にも実用的なレシピ本はあると思うけど、古ーいレシピ本はあまり置いてないと思う。だって時代遅れだもんね・・・。っていうか、まあ、江戸時代までさかのぼらなくても、昭和な古ーいレシピ本が好きなんだからしょうがない。そんな昭和な料理レシピ本がありましたらまどそら堂へ!

 今日の国分寺は曇り。さっきまで晴れてたよね・・・。明日は木曜日ですのでお休みします。また金曜日に。

 今日流れているのは押尾コータローですが、夕方変わります。
b0304265_15184314.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-06-10 15:18 | 本あれこれ | Comments(0)
<< 對木裕里の新作 今日も今日とて >>