棚を見て反省・・・

 新入荷本を棚に組み入れる際、そのジャンルの棚に差し込んでしまうと新入荷なのか在庫だったのかわからないので(自分はわかるんだけど)、新入荷本は専用の新入荷棚を作って、そちらにいれたほうがいいのかな?そのほうがわかりやすいかもね。

 こんな小さい本屋なので、どかどか本を入れようにも入れられない。けれども南極の氷山のごとく少しずつでも本は動いている(笑)ので、新入荷本も棚に差し込まれていてもあんまり目立たないとかわいそうというか、見てほしいというか。

 あと、ブックオ〇のように、作者名があいうえお順で並べられているパターンはどうなのか、という件。あいうえお順の方がそりゃあ、検索しやすい。探すのも楽だし。けど、うちのお店ではどうか?あいうえお順にしてあっても、たいして効果ない冊数(笑)。

 棚の背が高いのもどうかね・・・。取れないし。見上げて、ほぅー、と言ってるだけの棚になってしまっている。ストック棚だね、これじゃあ。まあ、仕方ないところもある。限りある空間を目いっぱい使いたくなる狭さだし。いやいや、それでも、余裕でいい本を面陳で並べて空間にゆとりを持たせたほうがいい、という気もする。棚の悩みは尽きないですな。

 バカスカ売れて新陳代謝のいい本屋が、いい本屋なのかもな・・・。わかってますって、ホント。新鮮な棚はいいもんです、シャキッとした古本!・・・つーのもなんですが。というわけで、あんまり反省になってない・・・ですな。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り。寒いですなー・・・

 今日流れているのは、ビートルズ。リボルバーです。
b0304265_14402036.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-03-24 14:40 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 小鳥の思いで 中学生をあなどるなかれ >>