どうってことない話ですが・・・

 ついこないだ道を歩いていたら、前から歩いてきたお嬢さんとぶつかりそうになった。

お互いに道を開けようとして脇にずれるが、二人とも同じ方向にずれたので、また相対してしまう。そうなるとまたずれようとするが、なぜか同じタイミングで同じ方向にずれてしまうので、鏡を見るような形になってしまってどちらも前に進めない。

こういう事ってよくあるね。その時は可愛いお嬢さんだったので、こちらとしては悪い気はしないわけで(相手はどう思うかは別にして)、ははははは…と笑って、困りましたなーという表情をしながらもどこか嬉しかったりする。これが同じくらいのオヤジだったら、苦虫をつぶすといった表情になるかもしれない。

まあ、そんなことはよくあるけれど、ちょっと前にも駅のコンコースで同じようなことがあって、その時も可愛い女子学生さんだったので、いやー、こういうのって、お互い気が合うってことなんでしょうな、などと相手の人に言ったりしたらセクハラか、ヘンタイか、新手のナンパになってしまうのか(笑)。

そういう時って、図らずも同調してしまうのは、身体のリズムとかスピードの間みたいなものが似通っている人同士だからなのか、その逆なのかよくわからないけど、タイミングが同調するという現象はよくある。

先日も、数日前のブログで書いたクルミド出版の「そういえばさぁ、」を読んでいて、ちょうどおばあさんの知恵袋の三田村さんのインタビューが載っている箇所を読んでいた時だった。週末は船問屋の調理場に立っていたというところで、三田村さんがフライパンを持って調理している場面を想像したちょうどその時、お店のドアが開いてその三田村さんが入ってきた!・・・ということがあり、こういうシンクロってなんだか妙な感じだと思ったわけだった。

メールしたら相手も同じタイミングでメールくれてたりすることもある。お互い何かそのタイミングでの用事があってのことなら、そんなこともありそうだが、まったく脈絡なくお互い同期するということって、何らかの不思議な法則のようなものがあるのかもね。

 今日の国分寺は冷たい雨。これじゃあね・・・

 今日流れているのは、一柳慧。雨にぴったりですな・・・
b0304265_1442359.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-03-01 14:42 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 失踪できるか どうせハゲですよ4 >>