ニコニコ週間

 先週のお話。

 開店前のお掃除で、玄関前に捨てられているタバコの吸い殻を拾うたびに、どうしてこう簡単に捨てるのかと憤る。が、タバコを喫っていた昔の自分だって簡単にポイポイ捨てていたから、人のことを言えないのかもしれない、とも思う。

 他にも社会のルールに沿えない人に対して、憤ることが多い今日この頃。とは言っても、若い頃はそんな人と同じような社会性の無い人だったんじゃなかったっけ?と自分で突っ込む。

 なんだろうね、若い頃は屁とも思わなかったことが、今は重たかったりする。齢をとると気になることが多くなりすぎるのかな?神経が細やかになる・・・というんじゃなくて、細かいところまで頑固になるというか。

 まあ、迷惑だろうと思われることをしてはいけないと思えるようにはなってきたのだから、それだけでもいいのかもしれないけど、自分はもとより他人のすることが腹立たしいと思ってしまう懐の狭さは相変わらず。それがそれをする人の弱さだと理解できたとしても、どこか納得できなくてムカつくこともある。

 その週は、たまたまいくつかの懸案事項が重なっていた週で、こころが狭くなると軋轢を生みそうなこともある気がして、そうならないために予防線を張ることにした。どうしたかというと、その週の最初から一週間、毎日ニコニコして過ごす!という「ニコニコ週間」なるものに挑戦することに。ヤマ場の週半ばを前に、数日前からニコニコして過ごし一週間ニコニコしていれば、世の中うまくおさまるのではないかと。

 といっても、朝から晩まで笑顔でいられるわけもないから、なにか突き刺さった時にすぐニコニコ週間という言葉を思い出し、声にも出して言ってみれば不思議なくらい心が落ち着いて、感情のコントロールが容易にできた。これは使えます!

 その週も無事過ぎて、自分の中の縛りをほどく。付け足すと、これは誰かにも話しておいて二重に縛っておけばより強くなる。ニコニコ週間をすることを聞いていた副店長が、愛読していたネコマンガに載っていたネタをヒントに、今度はなんでもかんでもステキ!だと思う「ステキ週間」をやれば?と言うので、今度こころが狭くなりそうなときにやってみよう・・・と思いながら玄関前、バス停の掃除をするのでした。

 今日の国分寺は晴れ。雨は明日?明日は木曜日、定休日です。また金曜日に。ではでは。

 今日流れているのは、レモンヘッズ。レディオヘッドではなくて・・・
b0304265_1542475.jpg


 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-25 15:42 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 土門拳「死ぬことと生きること」 新入荷情報46 >>