過去へのタイムトラベル

 過去へのタイムトラベルの方法を見つけた!

 ・・・また始まったかって?いやいや、今度こそ科学的根拠に裏付けられてるよ!日経サイエンスに載ってた記事から考えたことだから。日経サイエンスに、記録した映像をバーチャルで観られる視覚装置(ゴーグルみたいの)と、それが観られるソフトがあればタイムトラベルできるっていうような記事があって。

 そこから考えたんだけど、リアルな全方向バーチャルが可能な視覚装置と、それを実行するソフトと、あらゆる映像情報(時間と空間すべての)があれば、その映像を撮り始めた時空までならタイムトラベルできるんじゃないか!?

 あらゆる場所、あらゆる方向、あらゆる時間、あらゆるすべての映像を撮る技術あるいはシステムがあれば、あとはどれだけリアルにその映像の中に入ったような気になれるかだけ!リアルとバーチャルと見分けがつかないくらいの技術ならすぐできそうだし。そうなれば、たとえばその映像のアーカイブスが20年前までだったら、20年前のあそこのあの時間といった指定さえすればその場所のその時間に行けるわけだから、要はその映像の情報が完璧ならいいわけじゃないか?

 それはどういうことかというと、あらゆる場所に24時間カメラが回っているということで、もうどんな細かいところでも撮らなきゃいけないし、360度の情報もいるわけで、とにかくカメラだらけということに。ただそのカメラがたとえば何かの粒子くらいだったら年がら年中そのあたりに漂って映像を取り込んでるとか、そんな技術ができればいいんじゃないだろうか。

 そのシステムができればほとんどスタートレックのコンピーュータ―の部屋みたいになっちゃう。でもいつかできそうだ。不可能じゃないもんね。そう思いませんか?・・・と、ここまで書いてもう一度日経サイエンスの記事をちゃんと読み直すと、そこらじゅうにカメラを設置して画像を記録しておくという箇所以外は、ほとんど同じ話だった・・・。まあ、とにかく過去へのタイムトラベルはできる!(正確には、過去へタイムトラベルした気になれる)ということでした。

 今日の国分寺は曇り。雨降りそうです。

 今日流れているのは、押尾コータロー。こんな天気には似合いますな。
b0304265_1412588.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-22 14:12 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 絵本は深く 「そういえばさぁ、」創刊準備号 >>