卒業旅行と「深夜特急」

 もうすぐ卒業シーズンですな。今ごろは卒業旅行に行く時期?自分たちの頃はそんな旅行はなかったような・・・うらやましい今日びの学生さんたち。

 旅行本の定番というか、バイブルと言ってもいい沢木耕太郎の「深夜特急」。読んだことが無いという学生さんがいると強力におすすめしているので、うちの鉄板本となっている。単行本だと3冊、文庫本だと6冊だけど、最初の香港・マカオ編で打ちのめされた人は必ず続きを買いに来てくれる。インドあたりがディープなのでどうしてもその辺りまでは読んでもらいたい。ゴールのイギリスまで読み切れば、旅行という概念も変わるだろうと思う。

 旅というものは人を成長させてくれるもの・・・と、どこかで聞いたことがある。たしかにその通りだと思う。物見遊山な旅であっても、なにがしかの感慨を持ち帰る。その特別な感慨を味わいたくてまた旅に出る。そんな旅を繰り返しているうちに人間味がひとまわりもふたまわりも大きくなる。

 海外なら、行った先の文化や歴史・地理に触れるだけでいろんなことが感じられる。カルチャーショックもいい意味で刺激になるしね。国内だとやはりどこへ行っても同じ言語の同じ顔の暮らしだから、自分から差異を見出さないと面白味が無い。いやいや、国内であっても、違う場所に行けばそこはそこであらゆる差異を発見できる・・・というのはたしかにそうだが。要はその人次第ということか(あたりまえですな)。

 お店で、今年卒業の学生さんたちから卒業旅行の話を聞いたりするので、そんなことを考えた。就職したら、おいそれと長期の旅行には行けなくなるしね。去年のこの時期、卒業を控えて進路に悩んでいた学生さんに「深夜特急」をすすめて、旅に出ちゃえば?とそそのかしたことがあるけど、あの学生さんはどうしているだろう。古本屋のオヤジの話を真に受けて、インドあたりで沈没してはいまいか・・・ちょっと心配です(笑)。

 今日の国分寺は雨。雪もチラホラ。さみいなぁ。昨日もお知らせしましたが、都合により、明日18日(水)は臨時休業、翌19日(木)は定休日で連休させていただきます。お店、ブログともにまた金曜日に。お待ちしております。ではではまた。

 今日流れているのは、ビョーク。「ポスト」です。
b0304265_15194017.jpg

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2015-02-17 15:19 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 究極の答えとは・・・ 骨皮さんの新作 >>