何気ない会話

 とある一日の、お客様との何気ない会話。

(お昼頃)
 「寒いですねー」
 「寒いですねー」
 「あんまり寒いんでもう閉めようかと思って・・・」
 「えー?・・・お店をですかー?」
 「いやいや、ドアを・・・」

(おやつ時)
 「この本ずいぶん安いですねー」
 「そう?そんなもんですよ」
 (この間長く会話続く)
 「いやー、それにしてもほんと安いですよ、100円なんて!」
 「・・・1000円です(泣)」

(夕暮れ時)
 「中村元はありませんか?」
 「中村元ですか?あー、あったけな、あったような気がするけど・・・」
 (この間、長時間、店中を探しまくる)
 「・・・すみません、やっぱりありませんでした。あったと思ったんですけどねー・・・」
 「いいです、では、また・・・」
 「・・・」(このあと座って前を見るとパソコンの後ろ、すぐ目の前に積んであった・・・もちろんお客様は帰った後)

(閉店時刻前)
 「ねえ、この店の前に置いてある本、100円?ホント100円?」
 「はい、100円です」
 「えー、ちょっとまって、ほんとに100円なのー?」
 「・・・はい、ほんとに100円です」
 「えー、しんじらんない、100円なんだー、へー!」
 (そう言いながら結局何も買われずに帰った・・・)
 「・・・えー?」

 今日の国分寺は晴れ。何でこんなに冷えるのか…。今年なんかおかしくない?やっぱり地軸がずれているから?明日は木曜日なのでお休みしまーす。また、金曜日に。金曜日の夜は「ほろ酔い夜話」だよん。俺の頭の地軸もずれてきたかも・・・。前頭葉部分も薄くなってきたしなー(関係ない!)。

 今日流れているのは、マイクオールドフィールド。「プラチナム」です。このアルバムもいいねー!
b0304265_13394065.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-12-10 13:39 | お店あれこれ | Comments(0)
<< アイシアッテルカイ 「一週間フレンズ。」の奏(かな... >>