翼のジェニー

  もし私の背中に翼があったら・・・。空に舞い上がることよりも、そんなものが背中に生えているということに絶望するだろうか。

 「翼のジェニー」ケイト・ウィルヘルム(コバルト/「たんぽぽ娘」所収)では、そんな有翼人の恋の悩みが描かれる。そうきたか、というオチが待っているが、うら若き娘の背に6フィートもの翼が生えていたという設定でSFが書けるのが凄いね。

 翼ならまだしも、背中からスカイツリーとか太陽の塔とかが生えていたら嫌だよな。先日、用事で行った先の、駅前近くのドラックストアの入口あたりで化粧品の販促のために店頭販売していたきれいなマネキンさんは、背中に宣伝用の特大プラカードを背負わされていて、そのきれいな顔立ちと身綺麗なファッションとは真逆の、たとえばガメラにしか見えないその出で立ちが哀れで、見ていられなかったことを思い出す(なんのこっちゃ)。
 
 背中にランドセルなら小学生だが、翼のジェニーはヘンテコSF。とり・みき「SF大将」所収の「翼のジェニー」もヘンテコで笑える。こちらもそうきたか、という展開(なんだか最近、とり・みきにはまってきたぞ。脱線するが、「SF大将」の「ソングマスター」が泣けるので、早いとこ本家の方を読まねば!)。

 背中に翼があったら、寝る時つらそうだね。風呂入って洗うときも面倒くさそうだ。けれど、大空を飛べますがな。気持ちいいよ、たぶん。肩甲骨は翼の名残り?かもしれないけれど、肩こりがひどいのは大空を飛びすぎた太古の記憶なのだろうか。・・・んなわけないですな。

 今日の国分寺は晴れ時々曇り朝方雨。お知らせ:明日8月30日(土)は国分寺ブックタウンプロジェクトのワークショップに参加します。終日そちらに行っていますので、ブログはお休みさせていただきます。あー、お店は開いていますよ!副店長がいますから、よろしく!日曜日にまたご報告します。

 今日流れているのはイーグルス。ホテルカリフォルニアなどです。

b0304265_14491082.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-08-29 14:49 | SF・ミステリ | Comments(3)
Commented by ミント at 2016-07-15 20:43 x
はじめまして。検索しててたどりつきました。
過去記事にコメント申し訳ないのですが、
どうしても教えて欲しいことがあってコメントさせてもらいました。
このコバルト文庫のたんぽぽ娘のイラストを描いていらっしゃる方の、名前を教えて欲しいのです。
カバーイラスト〇〇〇 と書かれているかと思うのですが、ネットでいくら調べてもわからなくて…
もしまだお手元にございましたら、お手数ですが教えて頂けるとありがたいです。
どうかよろしくお願いします。

Commented by yoshizo1961 at 2016-07-16 13:48
ミントさま 
コメントありがとうございます!コバルト文庫の『たんぽぽ娘』のカバー絵は村松誠さんです。あの猫のイラストで有名な村松誠さんだと思いますが、作風が違うので確かなことはわかりません。『たんぽぽ娘』もすでに売れてしまい在庫がありませんので本体から確認できませんが、自分の記録にはカバー絵:村松誠とあります。現在の猫のイラストに至る前の作風かもしれませんね。僕はこのカバーが大好きです。今後ともよろしくお願いいたします。店主
Commented by ミント at 2016-07-16 21:02 x
過去記事にもかかわらず、素早いお返事ありがとうございます。
そうでしたか!村松誠さんなんですね。
確かに作風は違えど、じっくり見ればどことなーく片鱗はありますね。
(教えて頂くまで思いつきもしませんでしたが。)
このコバルトのたんぽぽ娘の絵が、私もとっても好きです!
ネットの画像をプリントして飾ってるんですよ。
やっぱりたんぽぽ娘はこの表紙がいいなぁ。
高騰しているしで手も出せませんが、
長年モヤモヤしてた謎が解けてスッキリしました。
無謀なお願いを快くお聞き下さりありがとうございました。
こちらこそ、これからもブログも楽しみにしていますね。
長々と失礼しました。
<< 国分寺ブックタウンプロジェクト... 新入荷情報26 >>