アール・ヴィヴァンが懐かしい

 80年代初頭は、西武の時代であった。といっても、プロ野球の話じゃなくて(笑)。西武が世の中の文化的雰囲気をリードしていた時代があった。

 池袋や渋谷の西武のここかしこに、糸井重里のコピーと、山口はるみのポスター。「不思議、大好き。」に踊らされて、テクノカットで歩く。もうそんな若者だらけであった。ややあざとい戦略が見え隠れする広告代理店風雰囲気に呑まれて、何でもかんでもあたまに「ニュー」をつければ、カルチャーなんだと思っていた時代。

 しかし西武はアートに関しては本気だった(と、思う)。ちゃんと世界の最先端のアートを紹介し続けていたし、その発信地としての場所も持っていた。百貨店というのはお客を呼び込むために、なるべく階上のスペースで人気のある展覧会を催す。そうすれば展覧会を見に来た客は、帰りがけに階下の売り場を回ってついでに買い物をする。けれども集客が目的の展覧会が普通の百貨店の中で、西武はちょっとばかり違っていた。

 池袋の西武の最上階に西武美術館があった80年代初頭。アートの世界はニューペインティング一色で、西武美術館もイタリアやドイツ、ニューヨークなどのニューペインティングの作家を紹介して、現代美術とはこういうものだ的な展覧会を続けていた。まだまだ現代美術がそんなに理解されていない頃の話だから、一般客にとって印象派みたいな絵とは真逆の絵画を観に行くのは、そんなになかったんじゃないかと思われる。だから集客というより、現代美術一筋の意志のもとに展開していたんだと思う。

 そういった気概が感じられた西武美術館の横に、画集や美術本と現代音楽を扱う「アール・ヴィヴァン」というショップがあった。ブライアン・イーノやテリー・ライリーなどのミニマル系がいつも流れていて、本を売っているのに照明は暗く、静謐な空間演出がなされた店内では、これまたそれらしいアーティスト系の人々が画集をめくっていたりした。あの頃ってまだCDじゃなかった?(よく覚えていないが、カセットテープとかレコードだったような)

 まあ、とにかく高価な画集ばかりで買うこともできず、ひたすら眺めるだけだったが、最新のアートニューズやそのたぐいの最新のアート誌がいつもあったのでチェックしたり(現在は大きな書店や美術館や大学の図書館では普通に閲覧できるが、当時は海外のアート雑誌を読めるのはアール・ヴィヴァンくらいしかなかった)。

 あのアール・ヴィヴァンの雰囲気って、よかったなーと思う。うちのお店ではアート系の本や画集を意識的に置いていないので、ヴィジュアル的にあの雰囲気を作るのは無理そうだが。 お店にあるその名残が、西武美術館が発行していた月刊誌の「アールヴィヴァン」。美術館の会員になると毎月送られてきて、美術の情報というより、当時は知的スノビズムのために読んでいたような気がする。
 
 今でもお店でブライアン・イーノをかけるとき、ふとあの空間を思い出す時がある。たまにはあの静謐感をうちのお店でも演出してみたいけど(無理?)。

 今日の国分寺は晴れ。暑いのはあとちょっと。なんとかしのぎましょう。おお、それからお知らせです。明日23日(土)は午後5時までの営業です。脱走しますので、御用の向きは5時までによろしく!日曜日は通常営業です。

 今日流れているのは、YASUAKI SHIMIZU and SAXOPONETTESの「 BACH BOX」です。
b0304265_1531335.jpg

 

 
[PR]
by yoshizo1961 | 2014-08-22 15:04 | 美術あれこれ | Comments(0)
<< こんな夢をみた 「溺れた巨人」バラードvsとり・みき >>