まどそら堂と海

 最近、国分寺界隈で、何かの「撮影中」にぶつかるので何だろうと思っていたら、TBSのドラマの撮影だったよ。
日曜劇場らしいけど、国分寺が舞台なら見てみたいね。北口のラ・ブカニストにも撮影のロケハンが来たみたいだし(撮影までにはいかなかったみたい)。

 うちのお店には来ないね(笑)。いつでも協力するよ。来てくれたら。ははは。ちっ、なんで来ないの!・・・いけねぇ、ひがみっぽいぜ、最近。ちょっとひよってるかも。

 以前、冗談で盛り上がったことがある話だけれど、まあ、リアルな撮影にはお声が掛からなくとも、想像の翼を広げれば(最近こればっかり)、うちのお店も人気ドラマの舞台に。国分寺のハケの上で古本屋を営む主人公には、福山雅治かな(笑)。バイトの女の子(しいかちゃんね)が桐谷美玲。「あまちゃん」に出てた、まめちゃんでもいい。何か訳あり風の福山。陰りのある表情をたまに見せる。バイトのしいかちゃんの母親に岡田奈々!しいかちゃんは福山と自分の母親の間に、昔何かあったんじゃないかとひそかに感じている・・・という設定(笑)。

 いつも通り営業しているまどそら堂。昼過ぎあたりにサーフボードを抱えた草履ばきのお兄ちゃんが。常連さんのサーファー。・・・サーファーって。そう、まどそら堂の裏手には、青い海!・・・んなわけないじゃんって、いえいえ、海なんですよ、お店の裏手は。そういう設定ですから。

 国分寺に海があったらいいねぇ。まったくイメージできないけど。海水浴でにぎわう国分寺。海水浴場の横には国分寺漁港が。国分寺漁港という字面が新しい!そして、国分寺の浜から見る夕陽はなんと物悲しいものか・・・。ちょっと脱線。とりあえず海のそばにまどそら堂はあるわけで、潮の香りを感じながらの日々。

 劇中歌は70年代のメロディアスなロックで。ドラマの盛り上がりタイムで10CCの「アイムノットインラブ」が。夕陽にきらめく海面をバックに、二人は見つめ合うのだった・・・ってどんな話なんだろう(笑)。

 いまからでも遅くないよ!まどそら堂でロケしてください。他の局のドラマでもオッケーです!・・・んなわけないって?まあ、そうですな。あー、でもまどそら堂の裏手は海ですから!

 今日の国分寺は久しぶりの晴れ。花曇りだけれど。百均ワゴンも外に出せたし。しばらく晴れていてほしい。

 今日流れているのは、ブラインド・メロン。90年代に聴いてたバンドです。
b0304265_14515364.jpg

アハハハハハ、アハハハハハ。
[PR]
by yoshizo1961 | 2014-07-06 14:52 | お店あれこれ | Comments(0)
<< いいですな、この歌声 坂道の古本屋 >>