「コーヒー入門」カラーブックスですな

 焙煎したての豆をガガッーと挽いて、香り立つコーヒーを淹れる。いいですねぇ。

 一時飲まなかったときもあったけど、もう何十年もコーヒー飲んでるなぁ。緑茶もよく飲むけど、コーヒーは特別感があるよね。いまコーヒーブームで、カフェもコンビニコーヒーも人気だね。国分寺だったらクルミドコーヒーや、ねじまき雲がいいね。コンビニのコーヒーは非常時に利用するくらいかな(非常時?)

 お店では帳場の裏で飲んでる。といっても市販のドリップパックを水筒のお湯で淹れて飲んでるだけ(ちゃんと沸かして淹れるのは虎の穴のときだけ)。でもお店でコーヒー淹れてる瞬間は、のんびりしたときなので疲れていてもほっとする。お客様が来ているときは、あとで気が付くとそのまま冷たくなってる。

 カラーブックスの「コーヒー入門」は、カラーブックスのなかでも人気の一冊。いま、うちのお店にあるのは昭和48年の版なので内容も渋いよ。飲むときのエチケットまで載ってるし。昔のカフェ(というか喫茶店)の写真も満載。そのまんま作ったらいまウケそうな内装だったりする。コーヒーの説明は前半だけで、半分以上は日本や世界の喫茶店のコーヒー巡りで、旅もの(ガイド)本としても読めそう。といっても、もうほとんど存在してなさそうだけど。

 古本カフェばやりだから、うちもやってみたいけどね。やるならもう少し大きなスペースでないとね。大きいカフェのなかの隅っこに今のまんまのまどそら堂があればいいな。うーん、完璧にイメージできる(笑)。しかしできるのはいつのことやら。さあ、古本カフェだーってやれるころにはもう全然流行ってなかったりして。ははは。まあ、それでもいいけど。

 夏場でも熱いコーヒーを飲みたいね。今日も飲んでるんだけど、なんか眠い・・・。カフェインなんかまるで効いてない気がするよ。

 今日の国分寺は晴れ。暑いですねー!

 今日ながれているのは久しぶりに原田真二。キャンディやタイムトラベルが入ってるベスト盤です。
b0304265_14403763.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-06-02 14:41 | お店あれこれ | Comments(2)
Commented by masayukiz at 2014-06-14 08:53 x
こんにちは、はじめまして、保育社のカラーブックス、この本は、持っていたのにいつのまにか、無くなっていて、先日、古本屋さんで見つけて買戻しました。ノスタルジックな気分に浸ってます。
Commented by yoshizo1961 at 2014-06-14 13:33
こんにちは。コメントありがとうございます!カラーブックスって、結構タイムトラベルできますよね。写真の色調からして時代がかってるし。私も好きです、カラーブックス。昔の香港とか旅ものシリーズを集めたいんですが、なかなか見つかりませんね。
ではでは、また。今後ともよろしくお願いいたします!店主
<< サブカルの王道「ビックリハウス」 「チップス先生さようなら」の記憶 >>