「サーカス」中原中也

 中原中也。詩人。

 幾時代かがありまして
    茶色い戦争ありました

 幾時代かがありまして 
    冬は疾風吹きました

 幾時代かがありまして
    今夜此処での一と殷盛り
       今夜此処での一と殷盛り

 サーカス小屋は高い梁
    そこに一つのブランコだ
 見えるともないブランコだ

 頭倒さに手を垂れて
    汚れ木綿の屋蓋のもと
 やあーん ゆよーん ゆやゆよん

 それの近くの白い灯が
 安いリボンと息を吐き

 観客様はみな鰯
    咽喉が鳴ります牡蠣殻と
 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

        屋外は真ッ暗 闇の闇
        夜は劫々と更けまする
        落下傘奴のノスタルヂアと
        ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


 「サーカス」中原中也 「中原中也詩集」新潮文庫版より

 中原中也も今回の展覧会に参加してたら、どういう展示をしただろうか。イベントでも自分の詩の朗読をして盛り上がってたりして。ご本人のゆあーん ゆよーん ゆやゆよんを聞いてみたい。やっぱ抒情的な詩は心情的に盛り上がるものがあるので(あくまで個人的な思い)、声に出して詠みたいものだ。

 今夜のイベントでは出品作家から、お二人の作家のパフォーマンスを予定している。時間が余り気味なら見に来てくれたお客様に、飛び入りでやってもらっても構わない。というより、それを楽しみにしてたりして。とにもかくにも、どうにかこうにかイベントデーまでこぎつけた。幸い天気も良い。国分寺で一発、花火を打ち上げよう!盛り上がっても、盛り下がっても、今夜の国分寺はまどそら堂ではじけるのだ!(→店主ひとりで盛り上がってます)

 今日の国分寺は晴れ。さあ、準備しなきゃ。皆さん来てね!

 今日流れているのはガンズ&ローゼズ。2枚組の赤い方です。
b0304265_15533889.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2014-05-24 15:53 | 詩あれこれ | Comments(0)
<< ライヴ!国分寺詩・大導寺シン編 「平卍」村野正徳 >>