百円均一ワゴンの戦い

 たいがいの古本屋では、店頭で100円または105円均一本を並べている。棚だったりワゴンだったり、ダンボール箱に無造作に放り込まれていたり。

 古本者はまず100均コーナーを軽く眺めて、そのお店の傾向などを推測したりする。店頭本と、お店の中の本の傾向が一致するお店もあれば、まったく逆の場合もあるので、結局お店に入らないと判らないんだけれども。

 西荻の音羽館などは、こっ、これが100円?とのけぞってしまう本がたまに混じっていることがある。そんな本を見つけると、興奮してしまうのが古本者の性である。また、ずーっと捜していた本を100均の本の中で見つけたりすると、テンションは100パーセントに達し、しかも100円だから泣けるほどうれしい。その辺りの気持ちはよく解るので、うちのお店でもたまにちょっとレア系の本などを差しこんでおくと、やっぱりすぐ売れてしまう。利益は上がらないが、たまにはね。

 お店によっては、自分のお店の専門外の本はなんでも100均へ、ということもあるので、たとえばそのお店が学術系中心のお店だったら、SFのレアなものでも100均へ、ということもある。だから、ちがうかなーと思っても一応チェックする。秋元文庫を見つけたりすると興奮しますなー。

 お店を始める前のことだが、荻窪のささま書店の100均棚で、レアな本をゲットして喜んでいた。横尾とか深沢七郎とか。あるときオープン前に店頭で待ち構えていて、100均棚が出てきた後、お店の人が棚に新たに差し込む本を狙っていると、同じように待ち構えるおじさんが。よく見ると、そのおじさんは目にも止まらぬ速さで本を抜いていく!これはまずい、と体を前のめりにして棚に突き進むと、サッカーのディフェンダーのように私の胸元から入り込み、背中でブロックしながら差し込まれる本を矢継ぎ早に抜いていくのだった。ささまの店員さんの手に以前から狙っていた詩集があるのを見つけ、これだけはゲット!と手を伸ばした瞬間、ほんの一瞬の差でおやじに持っていかれた。・・・恐るべし。

 うちのお店でもそんな戦いが起こらないものかと空想してみたが、やっぱりタイプが違うし。そんなわけで誰も居ないのを確かめてから、お店の100均ワゴンに「たんぽぽ娘」を置いてみた。たまたま歩いていてこれを見つけたら泣くなー。

 今日の国分寺は晴れ。超あったかい。明日は雪?

 今日流れているのはフランク・ポール。ぽこぽこ系です。
b0304265_17465240.jpg


たんぽぽ娘はもちろん冗談です、念のため。
[PR]
by yoshizo1961 | 2014-02-03 17:47 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 「矢櫃徳三」展中間報告 看板を描いてみた >>