クリスマスのために

 まどそら堂では今月、クリスマスにちなんでクリスマス雑貨の展示販売中。

 クリスマスフェア’13『私の上に降る雪は』と題して、手作り作家たちの作品を並べています。展示スペースは小さいけれど、作品はみんな「ほっこり系」でいい味を出しているものばかり。なにしろ手間のかかり具合が半端じゃないから、一生ものといっていいものまであるし。クリスマスのギフトにちょうどいいものばかりだよ(今日は宣伝大会だー)。

 では出品作家をご紹介。まずは、既製品のレトロおもしろ雑貨を寄せてくれた赤尾芳野さん。スタイリストを経て、編集プロダクションで辣腕をふるった後、独立。現在は編プロの一人社長として走り回っておられる方。今回は手作りものではなく、展示に彩りを添えるべく雑貨を並べてくれました。
 続いては手作リスト、天野由里子さん。現役バリバリの編集者でありながら、布ものの作品を作っておられる。読書家で、あらゆることに造詣が深い方。作品は会期後半からお目見えします。
 羊の毛を圧縮して、柔らかくて温かみのある風合いのフェルト作品を作っておられる小野禎子さん。アトリエ&ギャラリー楽布土(らふと)を主宰し、クラフト教室もされております。プレゼントにぴったりな作品です。
 以前お店のエプロンのはなしでもご紹介した「きなこ屋」さんは、高田俊和さんと高田如恵さんのご夫妻ユニット。手紡ぎウールや木綿の素材をほっこり作品につくりあげるプロ。お店で実際に触って味わって下さい。
 続いて人形アニメを作っておられる、猫好き・バイオリン好き・落語好きの小林節子さん。癒しのてのひらサイズの猫ちゃんがお待ちしております。
 最後はステンドグラス作家の鈴川香緒里さん。クリスマスならステンドグラスでしょと言いたくなるくらい雰囲気出てます。

 皆さん作家活動とともにいろいろなお仕事もされているので、個々の作品をご紹介する時に詳細をお伝えいたします。今回は簡単なご紹介まで。

 お店のドア近辺に素朴なイルミネーションを付けてみましたが、なかなか良い感じです。
今日の国分寺は晴れ。雨も降らず良かったです。寒くなってきたので皆さん風邪など引かぬよう。明日は定休日なのでお休みです。

 
 本日のBGMは押尾コータローです。こんな風にギター弾けたらいいね。 
 
b0304265_17432257.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2013-12-04 17:43 | お店あれこれ | Comments(0)
<< ヴィンテージコミックス入荷情報 「虎の穴」の夜 >>