「虎の穴」始まった!

 先日からお知らせしていた「国分寺まどそら堂Art虎の穴」が昨夜、まどそら堂で行われた。

 嵐のような風と雨の中、わざわざ参加していただい大勢の皆様に感謝・・・と言いたいところだが、参加者は店主含め2名だったので、差し向かいで珈琲などを飲みつつ、おごそかに始まったわけである。

 もうひとり、参加予定だった方がやむない事情で欠席となったので、テーマである「中二病」の核心をつくであろうその方の意見に期待していた分、少し肩透かし気味ではあった。が、ちゃんとテーマに沿って制作した互いの作品を前に、講評じみたやりとりをしてはみた。まあ、二人だけなので話はテーマからはずれていったが、それはそれで白熱した内容となり意義のある初回となった。
 
 ちなみに、参加者がひとりもおらず、店主一人だった場合はどうするか?さっさと帰り支度をするか、それとも傍らの石ころを拾ってきて、その石ころと対峙するか。月曜の夜、まどそら堂の真ん中で石ころと会話している店主を見ても怖がらないでください。

 とはいっても参加者の作品はまさしく「中二病」らしく見えた。「中二病」自体の定義が自分の中ではまだ曖昧なので、はっきりこうだという言い方は出来ないけれど、真摯に向き合った作品だとは言い切れる。そんなことを真剣にやったり考えたりすることに何の意味があるというなかれ。馬鹿馬鹿しくとも大真面目にやっていれば何か見えてくることもあるのだ。

 そんなわけで「中二病」がまだ未消化なので、次週(12月2日)も引き続き同じテーマで考察します。「中二病2」です。皆さんのご参加をお待ちしております(虎の穴の趣旨、参加に関する約束ごとなどにつきましては、11月19日付けのブログをご参照下さい)。参加希望の方は当日19:00にまどそら堂へお越し下さい。
b0304265_1734572.jpg

 
 
 今日の国分寺は晴れ。そんな寒くも無く良かったです。昨日もお知らせした通り、明日(水)と明後日(木)の2日間、連休させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。お店の角っこに「虎の穴」コーナーを設けました。お声をかけていただければ解説させていただきます。よろしくー!

 本日のBGMはビートルズ。初期の赤い二枚組。ポールはまだ日本にいるの?
[PR]
by yoshizo1961 | 2013-11-26 17:03 | 虎の穴あれこれ | Comments(0)
<< ちいさなお客様2 古本で遊ぼう >>