伝説の人が・・・。

 先日少し触れたが、伝説の人がまどそら堂に来店された。

 といっても芸能人とかアーティストではなく、ごくごく普通のご婦人である。年配のご婦人ではあるが、たまたま寄っていただけた。もったいぶらずに言うとそれは、椎名誠の「さらば国分寺書店のオババ」に出てくるオババの店で働いていた方なのである!オババは既に他界されているが、こちらのご婦人はお元気なのである。

 懐かしげに棚を見やる姿に、なにやら只者ではないオーラが。それとなくお声をかけ、会話の中からそんな話しが出たのでびっくり。実は先日いらした男性の年配のお客様から、こちらのご婦人の話を聞いたばかりだったので、そのタイミングの妙にうなってしまった。オババも凄かったらしいが、こちらのご婦人もかなり凄かったらしい。相当面白いエピソードも聞いていたので、それとなくこの年配の男性の話を向けたら、しっかり記憶されていた。

 ご婦人の話によれば、オババは相当きびしかった方で、棚にチリでもあろうものならかなりきつく叱ったそうだし、お客が本の上に荷物など置こうものなら、凄い剣幕でどやしつけたらしい。本に対する愛情故のことだが、うちのお店の棚などみたら相当叱られそうな気がする。

 せっかくだからサインしてくれとせがんだら、一笑にふしてそれはしてくれなかったが、そんな話しはしてもいいとお許しを貰った。そしてひ孫さん?のために絵本を買っていただいた。お元気そうなのでまた来ていただけると嬉しいが、今年の夏に椎名誠特集をした時お見えになっていたら、もっと盛り上がっていたに違いない。

 伝説の古本屋「国分寺書店」のDNAを、うちのお店にもほんの少し落としてもらえたかも。ありがとうございます。

 今日の国分寺は晴れ。クリスマスフェアの飾りつけでてんてこ舞い。まだしっかり出来ていないのでちょっとゆるく始めています。まだ長いし。

 本日のBGMはクラフト・ワーク。「ショールーム・ダミー」が耳蛸です。
b0304265_18282036.jpg

[PR]
by yoshizo1961 | 2013-11-23 18:27 | お店あれこれ | Comments(0)
<< 扉は開かれているか 「まどそら堂で恋を探そう」 >>